ウィッグのカット続き

ウィッグをカットしたら、もっと似合うようになると思うと、自分でウィッグをカットしたくなりますよね。
普段から髪の毛を切りなれていて、自信のある方でしたら、もちろん、ウィッグであっても、自分でカットして良いでしょう。
ですが、不安な方は、自信のない方は、自分の髪と同じく、美容師さんにウィッグのカットをお願いしたほうが良いと思います。

「ウィッグをあんな風にしたい」と言うイメージは頭の中にあったとしても、イメージどおりにウィッグをカットしてセットすることはとても難しいことです。
自分の髪なら、もし、失敗して切りすぎてしまっても、しばらく我慢したら、当然、伸びてきますが、ウィッグは短く切りすぎてしまったら、もう伸びません。
カットに失敗したら、そのウィッグはもう使えなくなってしまいますから、もったいないことですよね。
また、「自分の髪は怖くて切れないけれど、ウィッグなら安心してカットできる!」と思っている人もいるようですが、反対に、自分の髪も切れないようなら、ウィッグも切るべきではないでしょう。

では、ウィッグを実際に美容院に持っていくときですが、中にはウィッグのカットをしてくれない美容院もあります。
ですから、いきなりウィッグを持って、美容院を訪れるのはNGです。
必ず、事前に電話で「ウィッグのカットはやってもらえますか?」と、確認することが必要ですね。
また、行きつけの美容院がある方は、通っている美容院のスタイリストさんに、カットしてくれるか、聞いてみるのが一番良いでしょうね。

ウィッグのカット

みなさんは、自分の髪の毛をカットしたことありますか?
髪の毛を切ったり、巻いたり、イメージチェンジしたりする場合、ほとんどの方が美容院に行くと思います。
男性の方でしたら、床屋さんでしょうね。

私の友達でとても器用な女性がいて、娘さん二人の髪の毛もカットしてあげるという人がいます。
そして、なんと自分の髪も鏡を見ながら自分でカットしてしまうそうです。
とても、手先が器用なのでしょうね。
そして、その女性の髪は、普通に美容院で切ってもらったようにいつも素敵です。
自分でカットできるなんて、時間もお金も節約できるし、好きなようにカットできるし、とてもうらやましく思います。

私の場合は、不器用なので、前髪のカットさえ、自分ではできません。
できないというか、失敗するのがいやなので、自分では絶対に切らないようにしています。
前髪くらいは自分でカットしたくなるものですが、素人が何も知らず、勉強もせずにカットをすると、ガタガタになってしまいます。
次に美容院で直してもらうことも、大変ですよね。
子供のころ、前髪を短く切りすぎて、眉毛が出てしまったなどの失敗談は誰にでもあると思います。

さて、自分の髪は美容院で切ってもらうのが一番良いですが、お気に入りのウィッグなどを短くカットしたい場合、みなさんはどうしますか?
せっかく気に入って使っているウィッグを、イメージチェンジしたくて、カットしたいと思うときもあります。
また、ウィッグを買ってみたものの、つけてみたらイメージに合わない、なんだかしっくりこないと言うケースもあるでしょう。

コスプレのウィッグその5

一度だけ使うのなら、安いものでも十分でしょうが、高いものを一度着て、きれいなうちに、オークションに売りに出す方もいらっしゃいます。
買って、着て、売る、そうすると、衣装代が安く上がりますよ。
その点、ウィッグは使いまわし出来るものもありますから、よほど個性的なウィッグでない限り、他のコスプレで使えることがあります。
また、派手な色でなければ、コスプレのときだけでなく、パーティーなどに使えるウィッグもありそうですよね。

コスプレ用に作られているウィッグのなかには、「耐熱ファイバー」で出来ているものあります。
熱を加えても大丈夫なので、これでしたら、ウィッグを巻くなど、好きなようにアレンジが出来ますね。
また、コスプレ専門店の中で、さらに、コスプレウィッグ専門店もあるのです。
コスプレ用のウィッグだけを作っているウィッグメーカーがあり、それぞれのキャラクターに忠実なウィッグになっています。
こんなお店は、コスプレ好きの方、コスプレ用ウィッグを探している方には、ぴったりのお店だと思います。

ちなみに、コスプレはアニメファン、コミックファンだけのものではありません。
一般の人でも十分に楽しめると思いますから、ちょっとした内輪のパーティーで思い切ってコスプレしてみることも、楽しいですよ。
みんなでコスプレしたら、パーティーも盛り上がるでしょうね。
みなさんも、ウィッグをうまく活用して、憧れのキャラクターになりきってみてはいかがでしょうか。

コスプレのウィッグその4

また、ネットオークションには中古品だけでなく、新品のウィッグも沢山、出品されていますので、そちらもチェックしてみると面白いですよ。
ネットオークションは、個人が中古品を出品しているだけでなく、ショップが新品のものを出品していますので、ウィッグもいろんなタイプのものが出品されています。
コスプレショップも、もちろん、ウィッグを出品していますから、お目当ての品物のページを見て、そこから、またコスプレショップのウェブサイトを見ることが出来ます。
ですから、コスプレショップを探すためにも、ネットオークションが便利かもしれません。
中古でも気にしないと言う方は、格安でウィッグが手に入りますからオークションも魅力的ですよね。
コスプレは上から下まで、完璧に揃えようとすると、その費用も大変です。
中古のウィッグを上手に活用して、少しでも費用が抑えられると良いですよね。

また、ショップで売られているものの中では、コスプレ衣装に、ウィッグもセットになっている商品もありますので、ゼロからそろえるのであれば、こうしたセットを利用すると便利でしょう。
それから、同じキャラクターの衣装でもメーカーによって、値段が違うことがあります。
日本製でしっかりと本物に忠実に作られているものは、なりきりの衣装には、とても良いのですが、やはりそれなりに高いです。
反対に、中国製などで、大量生産されているものは、形とかデザインが、ちょっと違っていることや、雑に作られている衣装もありますが、これらは格安です。

コスプレのウィッグその3

青いロングヘアーは、現実にはありえませんから、もし、キャラクターと同じ髪になりたくて、地毛でなんとかしたいと思ったら、まず、髪を伸ばして青に染めるしかありません。
他のアニメキャラクターでも、髪色がピンクだったり、ホワイトだったり、パープルだったり、グリーンだったりと、実際にはありえない髪色をしていますよね。

そこで、いくらコスプレ好きと言っても、コスプレのために金髪にしたり、ブルーにしたり、髪を染めるわけにもいかないでしょう。
会社勤めや学校に通っている人は、髪色を派手にすることは無理ですからね。
そこで、やはりコスプレには、ウィッグが欠かせないものなのです。
ウィッグでしたら、イベントのときだけ付ければ良いだけで地毛にはまったく関係しませんからね。

さて、最近では、ウィッグを使う人が増えて来たので、街中のショップでは、ウィッグを扱っているお店が増えました。
ですが、これらは黒っぽいウィッグや、茶色っぽいウィッグだけであって、コスプレのための派手な色のウィッグはなかなか売られていません。
コスプレ用ウィッグは、一般的な店では、ちょっと手に入りにくくなっています。

例えば、秋葉原などにはコスプレ専門店がありますので、そこでウィッグを購入することが出来ますが、地方に住んでいる場合は、店舗を見つけることが大変ですよね。
そんな方のために、インターネットショップの中で、コスプレ専門に扱っているお店がありますので、そこで探してみても良いです。

コスプレのウィッグその2

多分、扱っているお店も少なかったので、一般の人は、コスプレがしたくても手に入りにくかった状態だと思います。
ですから、当時は、手作りでキャラクターの衣装を作っている人も多かったですよね。
売られていない衣装を、手縫いで作ったり、工作して小物を作ったり、手作りでコスプレを楽しんでいる人が多かった気がします。

ですが、最近は、キャラクター衣装など、コスプレ用の服を扱うメーカーが増えてきました。
ですから、街中のアニメショップなどでは、アニメグッズと一緒にコスプレ用の衣装なども販売されています。
また、実際の店舗だけでなく、インターネットショップで手軽に買えるようになりました。
昔は、コスプレ衣装も1着、何万円もして値段が高かったのですが、今は何千円で購入できるものもあり、とても手に入りやすくなってきましたよね。
ウィッグもキャラクターにぴったりのものが売られていないころは、コスプレイヤーのみなさんは、どうやって手作りしていたのでしょうか。
普通のウィッグを買って来て、色を染めて使っていたのでしょうか、どちらにしろ、コスプレを楽しむには、時間と手間がかかったことでしょうね。

さて、コスプレをより完璧に仕上げ、キャラクターになりきるには、ウィッグは必要不可欠でしょう。
例えば、初音ミクちゃん、みなさん、ご存知ですよね?
ボーカロイドのキャラクター、あのミクちゃんになろうと思ったら、青い髪でロングヘアーにしなければなりませんよね。

コスプレのウィッグその1

みなさんは、コスプレに興味がありますでしょうか?
近年、コスプレを楽しむ方が増えくるに連れて、コスプレグッズも充実してきましたよね。
衣装を始め、手袋とか靴とか、リストバンドとか、ネックレスとか、ウィッグとか、コスプレにはいろいろなグッズがありますよね。
一昔前までは、コスプレと言うと、一部のコアなファンが楽しむものというイメージがありましたし、衣装やグッズもすごく高価でした。
現在ではコスプレ衣装も、どんどん安いものが出回ってきていますし、小物類ですと100円ショップで手に入る物もあります。

コミックやアニメ好きな人が集まるイベント、「アメコミショー」などでは、コスプレ好きの人も集まり、世界的にも人気があるイベントです。
そして、コミック好き、アニメ好きな人が、そのキャラクターになりきる、コスプレイヤーと呼ばれている人も増えてきました。
限りなく好きなキャラクターに近づくように、コスプレすること、それがとても楽しいということです。

さて、好きなキャラクターに変身したい場合、衣装や靴はとても大事なポイントですよね。
そして、更に、髪型も重要なので、コスプレをする場合は、ウィッグも重要です。
コスプレ用のウィッグは、色も豊富で、青とか赤とか、金髪とか、キャラクターに合わせたウィッグが売られています。

昔は、コスプレ衣装やキャラクター衣装などは、あまり販売されていませんでしたよね。
コスプレしたくても、衣装が手に入らない時代だったと思います。

ポニーテールウィッグその4

そして、ウィッグをお店で選ぶ際は、なるべく自分の髪の毛の色に似た色を選びましょう。
インターネットショップですと、色が実際と違うこともあり、色選びには困ると思います。
なるべくなら、お店で実際にウィッグを見て決めると良いですね。
また、反対にウィッグに合わせて髪を染める方も多いようです。
フルウィッグなどは、すっぽりかぶれば良いのですから、実際の毛の色と違っても問題ありませんよね。
地毛を全部、しまって、隠せばよいのですからね。
ですが、ポニーテールウィッグのように、パーツ的なウィッグや、ハーフウィッグですと、やはり地毛に違い色が良いでしょう。
あまりに地毛とウィッグの色に差がありすぎると、やはり、ウィッグが浮いてしまい、髪に馴染めません。
自然と馴染むようにするには、やはり、ウィッグの色がポイントになるでしょう。

また、ハーフウィッグになっているものは、アレンジ次第では、いろいろなヘアースタイルを楽しめます。
一度覚えてしまうと、簡単にアレンジできるものが多いですから、ヘアースタイルの本で調べる、また、ネットで検索すると良いでしょう。
「ウィッグ、アレンジ」などのワードで調べてみると、いろいろ出てきますので、チェックしてみて下しさね。
中にはハーフウィッグの使いかたなどを、動画でアップしているサイトもありますし、とても分かりやすくなっています。
ウィッグを販売しているショップなども、使い方やアレンジの仕方を紹介しているサイトも多いですから、勉強になりますね。

ポニーテールウィッグその3

結び目を高くしたり、低くしたりとバリエーションが楽しめますね。
パーティーなど、ここ一番というときは、おしゃれも気合が入りますが、素敵なドレスを着ていても、髪型がきまらないとテンションも下がりますよね。
時間がない時でも、さっと髪をセットできますから、本当に助かります。
ポニーテールのバージョンも、ストレートとか、巻き髪とか、短めとか、長めとか、いろいろなタイプを揃えておけば、安心ですよね。
毎回、違うウィッグを使えば、毎回、違う印象を与えることが出来ますね。
また、お洋服によって、どのウィッグを使おうか考えることも、贅沢な女性の特権でしょう。

また、ポニーテールのウィッグには、他のヘアースタイルに使えるウィッグもあるのです。
ポニーテールに使う他、さらに、ハーフウィッグの役目もしてくれる優れものがあります。
これでしたら、また、更にウィッグとしての用途が広がると思いますし、使い回しが効いて助かりますよね。
ハーフウィッグは、内側がキャップのようになっていて、前に1箇所と、えり足部分に1箇所、コームがあります。
まず、自分の前髪を下ろし、後ろの半分にハーフウィッグを装着します。
そして、地毛との境目は、なじませておきますが、ポンパドールでまとめるもの良いでしょう。
ハーフウィッグでも、フルウィッグでも、安いものであっても、美しいスタイリングをキープしてくれますが、人毛でない限り、巻いたり、セットしたりは出来ません。

ポニーテールウィッグその2

ですが、ポニーテールって意外と難しいのです。
結んだしっぽの毛量が少ないと、なんとなく貧弱でボリュームのないポニーテールになってしまいます。
反対に、縛った髪が多すぎても、わさわさとしたしっぽでは、あまり可愛くありません。
不器用な方は特に、このような髪の毛のアレンジなどは、苦手でしょうね。
ですが、そんな方でも、心配ありません。
ポニーテールもウィッグを使えばよいのです。
ウィッグなら、短時間で簡単にポニーテールが完成しますよ。
不器用な方でも、簡単にヘアセットが出来ますよ。

ポニーテールは元気で可愛いイメージがありますが、ちょっと間違えると、ただ髪を後ろで結んでいるだけの野暮ったいヘアースタイルになってしまいます。
そんな時には、ポニーテールのウィッグを使いましょう。
使い方はとても簡単です。
まず、髪の毛をまとめて、普通におだんごにします。
そして、その上にウィッグをかぶせて、ピンなどで留めるだけ。
これだけで、可愛いポニーテールが完成です。

特にパーティーなど、華やかなヘアースタイルにしたい場合は、巻き髪のウィッグを使って、ゴージャスなポニーテールにしましょう。
また、ロングのさらさらとした、ポニーテールもウィッグなら可能です。
自分でヘアースタイルをまとめることが苦手な方でも、ポニーテールウィッグがあれば、すぐに思いどおりの髪型が出来ますよ。
ポニーテールは結び目の位置を変えるだけで、変わった印象になりますよね。

最先端サイエンスコスメ

最新の記事
最高級リゾート旅行が世界最安値保障
激安ウィッグ専門店【Linea─Storia】
プエラメイクリッチ サプリメント
魅惑の美ボディを手に入れる!
4155
ブランドの宅配買取サービス
ブランドの宅配買取サービスでは、あなたのブランド品を買い取ります。
12127
QRコード
このサイトは携帯にも対応しています。
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0