レジーナウィッグ続き

それらを目指す人達は、家族にお願いして、髪を切らせてもらったり、友達の髪をセットしたりと、練習台を探すのが大変だったようです。
もっと実技の練習をしたいのに、家族の髪を切ると言っても、すぐには伸びないでしょうから、練習回数にも限りがありますよね。
そこで、レジーナウィッグが練習台として出来てからは、みなさん、このウィッグを練習台にして、日々、腕を磨いていくそうです。
確かに、友達や家族の髪の毛でカットの練習をさせてもらうと言っても、まだまだ未熟な腕ですから、失敗する可能性もありますからね。
人の髪の毛だと切りすぎたり、間違えたり、失敗した時が大変ですが、ウィッグでしたら、気楽に練習が出来ますよね。

ご覧になったことがある方はおわかりでしょうが、レジーナウィッグはマネキンの頭部だけなので、ちょっと私たちには気味の悪いと感じることもありますよね。
また、小さな子供は怖がるそうです。
ですが、美容師さんたちが日々、スキルアップするには、このレジーナウィッグがとても大切な存在なのです。

2003年には、「ISO9001と2000」の認証取得、これは国内のモデルウィッグメーカーでは初と言うことです。
このように、品質においても保障されているレジーナウィッグですから、多くの方に愛されているのですね。
お値段もそれなりにしますが、ネットオークションなどでも出回っていますので、カットマネキンに興味がある方はチェックしてみて下さいね。

レジーナウィッグ

みなさんは、ウィッグに興味がありますか?
最近ではいろいろなウィッグが販売されていて、値段もピンきりですし、ウィッグの質感もさまざまで、メーカーもいろいろあります。
数あるウィッグの中でも、レジーナウィッグと言えば、ウィッグに詳しい人ならすぐわかるはず、とても人気のあるウィッグメーカーです。
レジーナウィッグの愛称もあって、「レジーナちゃん」と言うニックネームで、多くの人に親しまれています。
ウィッグに興味のある方や、美容師の方などを始め、髪の毛に関する職業についている人でしたら、ご存知だと思いますが、レジーナと言っても、一般の方には聞きなれない言葉だと思います。

では、なぜ、美容師さんなどでしたら、レジーナウィッグを誰でも知っているのでしょうか?
実は、このレジーナと言う会社ですが、会社名であり、ローマ字で「REGINA」と書きます。
このレジーナと言う会社は、1969年に創業されていますから、40年以上の間、理美容教材の総合メーカーとして営業してきました。
そして、たくさんの理容師や美容師の練習台として、モデルウィッグを販売してきました。
これらのウィッグを使い、美容師さんたちは、技術力を磨いていたのですね。
特に、美容師になるための実技試験などでは、レジーナウィッグが毎回使用されているそうで、この業界ではとても有名なメーカーなのです。
昔から、理容師や美容師になるためには、とにかくカットやセットの練習が必要でした。

ウィッグの人毛と人工毛その4

例えば、ヘアースタイルをきっちりとキープしたい方、一日中、同じヘアースタイルを保ちたい方は、人工毛ウィッグの方が、崩れもありませんからお勧めです。
何年も使っていれば、さすがにスタイルも崩れるかもしれませんが、基本的に人工毛ウィッグは形が崩れにくいです。
ネットをかけて保管するようになっていますので、巻き髪であっても、美しいまま、保管することができます。
ですが、やはりカールの仕方が自然ではありませんので、美しい巻き髪であってもフェイクだということが分かりやすいです。

このように、人工毛ウィッグ、人毛ウィッグは、それぞれ、どちらもメリット、デメリットがあります。
価格も大幅に違うことから、自分に合ったウィッグを選んで使うと良いでしょう。
何よりもウィッグであることを、周囲の人に気付いて欲しくないのであれば、多少、高くても人口毛ウィッグが良いでしょうし、一度、高価なものを買って長く使うことも良いですね。
昔からあるカツラは、もともとは、髪の毛のない方、少ない方の頭をカバーするような目的で作られたのですからね。
反対に、コスプレなどの一環、また、その日のファッションとして、単に楽しむだけなら、安く、いろいろなスタイルのウィッグを買いましょう。
ファッションの一環、おしゃれの一部として、楽しむのであれば、人工毛ウィッグでも十分だと思います。
ですから、特に若い方などは、フェイクのウィッグで十分だと思いますよ。

ウィッグの人毛と人工毛その3

今、流行っている、くるくるとした、お嬢様のようなエレガントスタイルも、人髪ウィッグなら出来るのです。
こうして、自分の髪と同じように出来ることが人毛ウィッグのメリットでしょう。
また、ウィッグの台があって、そこにかぶせてセットできますから、装着したままでセットするより、ずっと楽です。
自分の髪を普段、セットする際、鏡を見ながらみなさんもドライヤーを使うと思いますが、どうしても後ろなどはやりづらいですよね。
そんな、普段、見えづらい部分、ドライヤーでセットしづらい部分であっても、目の前にウィッグを置くことが出来るのですから、簡単にセットできます。
まるで美容師さんがお客さんの髪の毛をセットしてあげるように、自分のウィッグを巻いたり、伸ばしたりと、セットすることが出来ます。
髪の毛をセットすることが好きな方は、こうしたウィッグをスタイリングすること自体も楽しめるでしょうね。

反対に、人工毛ウィッグは、安くてよいのですが、熱を加えることは出来ませんので、セットすることは出来ません。
あらかじめセットされたウィッグを購入して、バリエーションを楽しみたいのでしたら、その分、いろいろなウィッグを用意します。
くるくる巻きのウィッグや、ストレートのウィッグ、ソフトカールのウィッグなど、バージョンを揃えなければなりませんが、人工だけに格安なものもありますので、お値段が魅力でしょうね。
このように、メリットが多い人毛ウィッグですが、人工毛に比べると、手作業でひとつひとつ作られているものが多いので、お値段は人工毛より高くなってしまいます。

ウィッグの人毛と人工毛その2

色も多様ですが、自分の髪の色とぴったり一緒じゃないと、ウィッグと地毛との差がはっきりしてしまいます。
また、地毛と、ウィッグの質感が違うので、部分的に使う場合、髪色が似ていても、やはり不自然になってしまうことは避けられません。
チープな人工毛ウィッグはすっぽりとかぶるタイプであっても、付けていることが良くわかるので、気になる方はやめたほうがよいでしょう。
ですから、人毛で付くられたウィッグは、昔からのかつら同様に、「つけていることを知られたくない」と言う方にもお勧めです。

そして、人毛ウィッグの、メリットは自然に見えることだけではなく、パーマをしたり、カラーリングをしたり、これが可能なところです。
ウィッグと言えば、スタイルが決まっていて、ストレートヘアや、パーマなど、どのスタイルのウィッグにするか選んで買うというイメージがあります。
実際に人工毛ウィッグの場合はそうですが、人毛の場合は、好きなようにセットできるところが魅力です。
また、カットも可能ですから、長さも、カールの具合も自分の好きなようにカスタマイズすることが出来ます。
人の毛で出来ていますから、仕上がりが良いので、本当の髪の毛と見分けがつかず、ウィッグを付けていても、自然に装着出来ることが魅力です。
人毛ウィッグなら、自分の好きなスタイルにセットすることも可能ですので、例えば、自分の髪を巻くようにドライヤーでセットしたり、コテを使ったりも出来ますので、いろいろなアレンジが楽しめますね。

ウィッグの人毛と人工毛その1

みなさんは、ウィッグを使ったことがありますか?
簡単にイメージチェンジが出来るウィッグは、おしゃれな方にとっては今や必須アイテムではないでしょうか。
また、ファッションに合わせていろいろなウィッグを使い分けることも、とても楽しそうですよね。

さて、このウィッグですが、昔はどうしても高いイメージがあり、気軽に手を出せなかった存在だったと思います。
ですが、最近では、人工毛を使った安くて、さまざまな種類のウィッグが売られていますので、若い方でも買いやすくなったと思います。
そんな中、「これがウィッグなの?」と疑うほど、自然に髪に馴染むものもありますよね。
それらは、やはり、お値段も高いですし、本物の髪の毛で出来きた高級なウィッグだと思います。
このように、自然に見えるウィッグを望んでいる方は、人工毛のウィッグでは、ちょっと物足りない思いをするでしょう。

そんな方には、人毛を使って作られたウィッグがお勧めです。
人毛で作られたウィッグは、昔からありますし、チープなウィッグと違い、ツヤがあります。
しかも、軽くて、触ってみても滑らかです。
ですから、着用しているときに、もし、誰かが髪を触ったとしも、撫でてられたとしても、ウィッグだとは気が付かないでしょう。
反対に、安いウィッグですと、「私はウィッグを付けていますよ!」と言いながら、歩いているようなものですが、それがファッションなので、特に恥ずかしいことでも何でもありません。

最近のウィッグその4

ウィッグがあれば、なりたい自分に変身できますよね。
もちろん、ウィッグは本来の使用用途としての、薄い髪を隠すためにポイントで付けるものもあります。
ですが、若い方たちは、ファッションの一部としてウィッグを着用します。
例えば、洋服に合わせて髪型を変えたり、帽子に合わせ髪型を変えたり、いろいろなファッションに合わせて髪形をコーディネートする楽しさ、これはもう常識になりつつあります。

その日の気分、その日の服装によって、ウィッグを使い分けることは、とてもおしゃれですが、現在は、もう当たり前のことになっているようです。
ですが、昔のように値段の高いかつらばかりでは、若い方々には当然、手が出せませんよね。
そこで、若い方も気軽に楽しめるように、ウィッグの値段も昔と比べてかなり下がってきました。
昔はかつら専門店でしか購入できなかったものが、最近では、洋服屋さんや、雑貨屋さんなどでも、気軽にウィッグが買えるようになりましたし、ウィッグ専門店には、さまざまな種類のウィッグが並んでいます。
ですから、チープなウィッグをファッションアイテムとして、何種類もそろえる人も増えてきたようです。
お洋服を着替えるように、髪型も着替えれば、ファッションの幅が広がるというものです。
また、ずっと試してみたかった髪型がある方はウィッグを使って、似合うかどうか、試してみることも出来るでしょう。
ウィッグをまだお持ちではない方がいらっしゃいましたら、これを機会にひとつ手に入れてみるのもお勧めですよ。

最近のウィッグその3

ですが、髪型を大きく変えることは、かなりの勇気と決断力が必要です。
「髪を短く切ってしまいたいけれど、似合わなかったらどうしよう」と思うのは、誰でも一緒です。
また、パーティーなどでドレスに合うように素敵なロングヘアーにチャレンジしてみたいけれど、急には髪を伸ばすことは出来ません。
こういう場合は、何年も前から、そのために髪を伸ばし続けていなければなりませんよね。
それに、学校に通っている方は、髪型についての校則があるでしょうし、会社勤めの方が金髪にするなど、派手な髪にすることは難しいと思います。
これらの理由があり、思い切って髪型をチェンジすることは、なかなか難しいですよね。

こんな時、どんな髪型にもなれることを叶えてくれるのが、ウィッグなのです。
ウィッグを使えば、簡単に髪型に変化をつけることが出来ます。
その日の気分によって、ショートにしてみたり、ロングにしてみたり、色をつけてみたり、思い切った髪型にも簡単にチャレンジすることが可能です。
髪型が変われば、その人のイメージも雰囲気も変わりますから、表情まで変わって見えるものです。
これは、まさに「変身」だと思います。
「自分ではないほかの誰かになりたい」と言う、変身願望は本来、誰にでもあるようですが、お芝居や映画に出ない限り、なかなか別人になることは難しいでしょう。
ですが、ウィッグがあれば、ロングヘアーの可愛い女の子に、また、ショートのボーイッシュな女の子にもなれます。

最近のウィッグその2

このように、最近のウィッグは、昔からある、薄毛を隠すためにあるかつらとは大違いで、多種多様なのです。
では、これら、ファッションで使うウィッグは、昔はなかったものですが、なぜ、近年、人気が出てきたのでしょうか?
それは、近年における髪型の自由化にあると思います。
一昔前と比べると、若者層の髪型はかなり自由になってきました。
女性が驚くほどのベリーショートにしたり、男性でも髪を伸ばす人もいたり、いろいろな髪型の人がいる世の中になりましたよね。
男性の長髪はだらしないと思われていたのはかなり昔で、今では「長髪の男性が好き」と言う女性も多いのです。

また、年齢を問わず、髪を染める人が大幅に増えてきました。
一昔前と違って、ほとんどの方がヘアーカラーをしています。
また、市販されている白髪染めもおしゃれな色のものが増えましたよね。
昔は、「髪を染めているのは不良」と言うイメージがありましたし、一般の方は髪色を染めるなど日常的ではありませんでした。
ですが、最近は若い方から年配の方まで、多くの方がヘアーカラーをしていて、また、ヘアーカラー剤も豊富な種類が販売されていますよね。
このように、髪型、髪色が多様化している現代において、ウィッグは、「違う髪形を誰もが気軽に楽しめる」ということで、需要が高いのだと思います。

さて、みなさんも「髪型を変えてみたい」、とか、「イメージチェンジしてみたい」などと思うことがあると思います。
私なんて、いつもそう思っていますよ。

最近のウィッグその1

みなさん、ウィッグって、ご存知でしょうか?
ウィッグは、日本語で「かつら」のことなのです。
「かつら」と言われれば、みなさんもご存知ですよね?
若い方にとってウィッグはすっかり馴染みのある言葉になりましたが、年配の方ですとピンとこないかもしれません。
部分的なウィッグのことは、年配の方でしたら、「部分かつら」と言ったほうがご存知の方も多いと思います。

さて、みなさんは、かつらについて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
「かつら」と言うと、私たちの中では、薄毛、抜け毛などの髪トラブルをイメージする人も多いですから、どうしてもマイナスのイメージがあると思います。
ですが、「ウィッグ」と言うとファッションの一部であり、とてもおしゃれなイメージがしますよね。
そもそも、昔から、かつらは、お芝居や映画に使われる小道具でありながら、また、薄毛、はげなどに悩む人が、使うものでしたからね。
髪の毛がない人、薄い人が使うアイテムであり、昔はファッションアイテムとは考えられていませんでした。
ですが、最近のウィッグと言えば、若年層を始め、おしゃれに取り入れる、ファッションアイテムのひとつになっているのです。

「かつら」と言うと、頭からすっぽりとかぶって使うものがほとんどですが、ウィッグは、前髪だけのウィッグや、短い髪や、ロングのものもあります。
また、アップスタイルのウィッグや、金髪、ブルーなど、派手な色のウィッグもあり、コスプレに使うようなウィッグもあります。

最先端サイエンスコスメ