キャサリン妃のウェディングドレスとファッションブランド

キャサリン妃 ファッション ブランド
Pocket

2011年4月29日にイギリスのウェストミンスタ―寺院で、ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式が行われましたが、結婚前から抜群のファッションセンスで注目を集めていたキャサリン妃なだけに、彼女がどんなウェディングドレスで現われるのか、何カ月も前から世界中の期待を集めていました。
キャサリン妃が着用したウェディングドレスはサラバートン率いるアレキサンダーマックウィーンというイギリスを代表するファッションブランドのものです。
アレキサンダーマックウィーンは型にはまらない斬新なデザインで知られています。ビョーク、レディーガガなどの独特な感性を持つ有名人からも支持が多いファッションブランドです。
創設者のアレキサンダーマックウィーンは2010年に死去していますが、それ以降はキャサリン妃のウェディングドレスを手掛けたサラバートンが引き継いでおり、現在は世界展開を行っている注目のファッションブランドです。
キャサリン妃のウェディングドレスはウエストを絞ったタイトな上半身に、適度なボリュームをもったAラインスカートの上品なシルエットでした。深い胸元のVネックからロングスリーブに施された刺しゅうレースがとても印象的でした。
王子の母親であるダイアナ妃が着用していた、まさにプリンセスらしいドレスとはまた異なった、キャサリン妃らしいドレスだと感じられました。
ウェディングドレスの詳細はキャサリン妃の意向で当日までウィリアム王子にも秘密にされていましたが、まさに期待を裏切らない美しいウェディングドレス姿でした。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL