ボウリング激安最新情報

ボウリング
Pocket

気になるボウリングのお買い得情報をお届けします。

今週の乃木坂工事中 は...
「不幸話グランプリ2019」後半戦
メンバーの不幸話を明るく笑い飛ばしてあげるために飛鳥審査員長が厳しくジャッジメント
今週も飛鳥審査員長の大好物がどんどん飛び出し笑いが止まらない
さらになぜか高山先生が登場して緊急姓名判断も? 果たして不幸話グランプリの栄冠は誰の手に

後半戦1組目は、4期生・早川聖来の不幸話「中学2年生」跳び箱に失敗して骨折 その場所が尾てい骨 まず医者に診せるのが恥ずかしい「そこから私の学校生活はどん底 」ドーナツ型のクッションを持って学校へ 先生に痔だと勘違いされて弄られたり 休み時間にピンに見立てたペットボトルにクッションを転がす「ドーナツ ボウリング」にされたりあだ名は「ぢ」...まんまやな 飛鳥審査員長の判定は笑える 不幸 梅澤も骨折経験者 小6の時に球技大会でサッカーを選んでいて、男の子に紛れてプレーしていた するとクラブでサッカーやってるような強そうな男の子と1対1に 「ぜってぇ(球を)奪い取ってやる?」と迫ったはいいが、至近距離で蹴った相手のボールが左手の親指に直撃 我慢しつつ試合終了 親友に現状を知らせたら「大丈夫だよー 」と腫れ上がった親指を左右にグリグリ その後病院に行ったら、2ヵ所折れていたという...飛鳥ちゃん大爆笑
お次は、4期生・賀喜遥香の不幸話「あるある不幸話」「銀チャリ 」「畑道」「虫の大群」など、あるある話にはそぐわない用語が飛び出しつつ...結局賀喜が、田んぼと田んぼの間にある溝に自転車ごと頭から落ちて、制服も自転車もドブまみれに... しかし骨折or流血はしていなかった 飛鳥ちゃん、「そっか...」と呟く...飛鳥審査員長の判定はつまんない むしろ幸せ 無傷なのがお気に召さないようで
お次は2期生・寺田蘭世の不幸話「不幸な名前」初対面の人にはもれなく2度聞きされる自分の名前が嫌い 20年間間違われ続けて、相当怒っている そこで高山先生の緊急姓名判断元々「寺田蘭世」自体はラッキーネームただ高山先生曰く、「寺田」と相性のいい名前として、宝石(ジュエル)、一二三(どれみ)、薗世(そのよ)、「寺田」の方を変えて、野武田(のぶた)、峯垣外(みねがいと)、二斗蒔田(にとまきだ)とか、フザケ...個性的な名前ばかり「この中でどれ?」と聞かれた蘭世は「消去法で二斗蒔田がリアリティあるのかな?」と、スタジオ中が首を傾げる回答飛鳥審査員長の判定は笑える むしろ幸せ
ラストは星野みなみなのだが?「えー」と困り果てた様子の星野 どうやら大トリに相応しくない内容だったようで...お化けトンネルに行く企画で、前もってお祓いをして貰うのだが、撮影後、もう一度お祓いに行こうとメンバーと話していた しかし忙しくて行けず...それ以来、くしゃみと鼻水が止まらない...それって霊の仕業か 飛鳥審査員長大爆笑 寝言がヒドくなり、その内容が怒っているそうで 星野曰く「鼻炎のちょっと怒りっぽい霊が憑いたんですよ」だってさw「鼻水の幽霊」 飛鳥審査員長の判定は笑える 不幸 まさかの高得点? 飛「鼻炎のお化けなんて聞いたことがない」 委員長も興奮
今回は「グランプリ」と、それに次ぐ「優秀賞」を用意 それぞれ飛鳥審査員長から関連グッズをプレゼント優秀賞は、早川聖来関連グッズとは齋藤飛鳥の粘土作品「ねことの楽しい日々」 もはや準レギュラーですw ひたすら不気味
グランプリは ... 星野みなみグランプリに贈られるとびきりの開運グッズは「パン入りの花」飛「私が小学生の時に描いた「パン入りの花」です」星「おぉ...なかなかの...」それは、画用紙に描いたひまわり?の中心部に「パンが入ってるよ」と書かれた、これまたフザケ...常人には理解できない芸術作品
飛「全体的に良かったけど...将来有望な、不幸になりそうな(笑) 未来のある不幸者が(笑)」
最後まで爆笑の飛鳥ちゃん こやつ、相当なドSよのう

次回は、24thシングルヒット祈願?

ジュードロウが
重労働
ばいなら~

あなたのお得をお手伝い。話題のボウリングの最安値を徹底比較!

おそようございます 
朝9時前からホームグラウンドのラウンドワン朝霞店に来てました。

混雑する可能性が高いので、混雑しだしたら投げ放題が終了になります、とは言われていたのですが、まだ夏休みなんですね。

お盆過ぎて、てっきり投げたいだけは投げれるかなと思っていましたが、忘れてました。

少し投げ足りない感じですが10ゲームで終了してしまいました。

でも暫くはこのボールだけで投げながら試行錯誤してみようと思います。

このボールになってストライクの頻度は上がったのですが、完璧にハマった時のストライクの音は最高ですね!

来月3日、4日が連休なのですが、たまたま3日にラウンドワンのLIVEチャレンジで麗プロの予定がはいっていたので、今しがたつい予約してしまいました。

パワフルなスワン投法も好きですが、ボウリングが好きな事が伝わってくる楽しいトークやサザンの桑田さんとの絡みも多くて大好きなプロなので、初めてのプロチャレンジはLIVEチャレンジになりますが、姫路麗プロを相手にやってみます。
ここまで半年はほとんど練習でプロは杉本勝子プロ、矢島純一プロ、小林あゆみプロと練習で絡んだだけですが、ここからはプロチャレンジやアマチュアの大会とかも積極的に参加をしていこうと思います。
ボウリングは次のステージにステップアップします♪

関連記事